効果あり・効果なしの理由は使い方?

加齢まぶたの悩みを解決するために開発された「リッドキララ」は、まぶた特化型美容ジェルとして人気が高くなっています。正しい使い方を理解しているかで、効果あり・効果なしという違いが出てくる可能性があるため、正しい手順でケアに取り入れるようにしましょう。
使用回数は朝と夜の1日2回で、メイク前に使用することで即効性を実感出来ます。塗布するタイミングとしては、洗顔後基本のスキンケアを済ませた仕上げにまぶたに利用します。使用量は左右のまぶたで1プッシュ、力をこめずに優しく伸ばします。

一重や眼瞼下垂のような脂肪まぶたが原因だと難しい…

一重まぶたや眼瞼下垂など、脂肪が多くついている状態の目元にリッドキララを利用しても、効果が得られない可能性が高いです。リッドキララは乾燥や小ジワなど加齢トラブルを改善する美容成分が配合されているので、毎日のスキンケアに取り入れるだけで潤いやハリを与えて目元のたるみを改善することが出来ます。しかし脂肪が原因でたるみが発生する場合は、適切な治療を受けることで症状が改善できるようになるので、まずは美容皮膚科や外科に相談をすることをおすすめします。

全成分を見ると保湿&まぶた持ち上げ効果がよさげ

まぶたにハリを与えて、たるみや小ジワを改善することができるとして注目されているのがリッドキララです。リッドキララに含まれている全成分には高分子の美容成分が、目元の角質層に素早く馴染むと同時に肌にピタッと密着するので、肌を持ち上げるように引き締める三次元密着フィルムが形成される物理的被膜効果が期待できます。またこのフォルムは皮膚のハリと保湿を保つヴェールの役割を果たすので、持続的な美容効果を実感出来ます。

実店舗にあるような類似品とは質が違いました

ドラッグストアなどの実店舗には、リッドキララの類似品も数多くあり、それぞれにたるみや乾燥を改善する美容成分が配合されています。
しかしリッドキララはまぶた特化型美容ジェルであることから、まぶたに起こりやすい加齢トラブルを改善する美容成分がバランスよく配合され、角質内浸透成分によって表面ケアはもちろん角質層からもまぶたの引き締めをサポートしくれる強みを持っています。肌の内側から引き締めと外側のフィルムのW効果によってまぶたの土台を整える事ができるメリットがあります。

目の下にも使えますが…|それはアイキララがおすすめ

リッドキララはまぶた専用の美容ジェルのため、目の下のトラブルにも使用することは可能です。しかしリッドキララを販売している北の快適工房では、アイショットクリーム「アイキララ」が販売されており、ハリ不足で暗い印象になりがちな目元にハリとツヤを与える専用のクリームとして利用者が増えてきています。
このアイショットクリームを利用すると、茶クマや青クマ、黒クマなどの目元のクマトラブルをはじめ、ハリのなさや乾燥小じわなどデリケートな目元のケアをビタミンC誘導体やパーム油由来成分、植物由来成分によってサポート出来ます。

TOPへ